ウレシパの会とは

「ウレシパの会」とは、北海道・浦河の精神保健福祉活動を応援するために設立された団体です。「ウレシパ」とは、アイヌ語で「互いに育てあう」という意味です。


北海道・浦河において、「べてるの家」が精神障害者のための活動をはじめて20数年。それは、たくさんの方々の温かい支援があっての活動でした。これにともない、べてるの家の活動がより活発になる一方で、困難を抱える当事者や家族の期待も大きくなってきています。


この度、そうした方々が中心となり、浦河につながりを有する人々が連帯して、べてるの家をはじめとする浦河の精神保健福祉の活動を、物心両面にわたって支援することを目的とした「ウレシパの会」が2006年6月1日に発足しました。

 

 

設立発起人(敬称略)
中山 周
槇 富美子
向谷地生良
佐藤 陽子
臼田 正子
川村 敏明
水野由紀子